【小野川のホタル】    

ホタルの写真

小野川のホタルについて   ゲンジボタル  保護活動       

小野川のホタルは環境省の「ふるさといきものの里」として、ホタルが指定されてます。
小野川のホタルは自然発生で、温泉街の周辺各地で見れます。

近年、ホタルの発生数競争が行われ、ホタルや餌のカワニナを移動・養殖するところがあります。
そのことで、ホタルの地域固有性が失われ、結果的にホタルを増やすことが生態系・自然を壊すことになるとの指摘もあります。
東京では遺伝子的に違う西日本型ゲンジボタルが生息してます。

小野川では「ホタルは身近な自然のシンボル」として、ホタルが生息する地域は多くの生き物おり、多くの生き物が生息する地域は人住みよい地域と考え、地域の自然環境を大切にしています。

ホタル観賞について   ホタルの乱舞  ホタル供養塔

温泉街の人家の裏でホタルが見れますが、多くの人々の観賞は住民の迷惑になります。
観賞地をホタル公園にしてます。ここが一番発生数も多く、安定的に観賞できます。もちろん、発生数の競争はしてません。
昔の農家が行っていた、水路の水管理・草刈・泥上げし、ホタルの成育を促しています。飛翔数の多いときは100匹ぐらいカウントできます。

観賞期間 
ゲンジボタル・・6月15日〜7月10日頃(4秒周期で明滅の清流に住む大きいホタル)
ヘイケボタル・・7月1日〜7月31日頃(2秒周期で明滅の田んぼ等に住む大きいホタル)
ヒメボタル・・6月25日〜7月10日頃(オレンジ色の明滅の陸に住むホタル)

(ゲンジボタルは小野川上流部は7月20日頃まで)

ホタルの観賞期間
ホタルの種類 6月11日
〜15日
6月16日
〜20日
6月21日
〜25日
6月26日
〜30日
7月1日
〜5日
7月6日
〜10日
7月11日
〜15日
7月16日
〜20日
7月21日
〜31日
8月1日
〜15日
ゲンジボタル
ヘイケボタル
ヒメボタル


観賞条件
蒸れた夜が最も多く見れます。雨・寒い・風・明るい月夜の時は草むらで光ってますが、あまり飛びません。

観賞時間

ゲンジ・ヘイケボタル・・夜の7時45分〜9時が観賞時間帯です。
ヒメボタル・・・・・・・・・・夜の9時〜11時

観賞場所
 

小野川ホタル公園・・・小野川温泉街から南西300m・・ゲンジ・ヘイケボタル
晃楽園・・・・・・・・・・・・小野川温泉街から西1000m・・ゲンジ・ヘイケボタル
笹原〜関・・・・・・・・・・小野川温泉街から南3000m・・ヒメ・ゲンジ・ヘイケボタル

お願い 
 
@ ホタルはむやみに取らない
A 水辺にむやみに近づかない
B タバコやゴミは捨てないで持ち帰る
C 花火や車のライトや懐中電灯を自粛する

ホタルブクロウ 乱舞 ゲンジボタル 草むらで ゲンジボタルオスメス

ホタルの説明Q&A
ホタルの紙芝居



トップページ 小野川温泉
旅館組合
〒992-0076
米沢市小野川町2500
0238−32−2740
※このページの一部および全部の無断転載を禁止します。