温泉達人野口悦男氏「温泉遺産」出版祝賀会・・(写真をクイックすると拡大します)

(野口悦男氏講演会の内容と祝賀会等の詳細は後日にHPに追加します)

小野川温泉の泉質の素晴らしさを認め、
温泉の正しい使い方理念と具体的な使用方法を達人野口悦男さんは小野川温泉に教えてくれています


今回、小野川のほぼ全部が源泉かけ流しで、全国でも有数の温泉でありことを評価していただき、
小野川温泉から3名が参加しました


そして、小野川温泉のほとんどすべての旅館が「源泉かけ流しの湯」として温泉遺産に指定されました。
今回の下記出席者に一足先に認定賞が発行されました。

氏名 屋号 役職
竹田昭雄 高砂屋旅館社長 小野川温泉源泉協同組合専務理事 温泉のマイナスイオン・酸化還元電位測定者
佐藤雄二 河鹿荘社長 小野川温泉観光知実行委員会委員長 国土交通省認定「観光カリスマ」
蔦 幹夫 独楽の里つたや(このHP管理人)」 小野川温泉観光協議会事務局長 米沢ホタル愛護会会長

祝賀会招待を受けていた、小野川温泉観光協議会 関谷仁志さん(寿宝園)は所要のため欠席しました。

また、小野川温泉の「もやし小屋」も〔温泉文化・風俗」として温泉遺産に指定されました。

お祝いのスピーチを語る管理人

マスコミ・編集者と「源泉かけ流し」の温泉関係者がお祝いにかけつけていました。
温泉でも唯一の旅館でない管理人が祝宴のスピーチを依頼され、
小野川は旅館だけでな、温泉に住んでいる人々が温泉を大切にし、護り、育て、
温泉で体があたたまり、心もあたたまるまちづくりを行い、
野口悦男さんにお世話になっている事に感謝の言葉を述べました。


蔦と竹田さんが山形新幹線で上京する車両(もちろん普通車)でこの方にお会いしました。
山形大学工学部教授城戸淳二さんです。
城戸先生は有機ELの権威者で将来のノーベル賞候補者です。
(城戸先生から、候補者でなく、「将来のノーベル賞受賞者」と訂正されるかもしれませんが)
先生のHPからして、豪放磊落の方と思ってました。
失礼がないように、東京下車時、お声をかけさせて頂きました。そして、記念写真をお願いしました。
優しい声での反応と、丁重な応対にとても感激しました。

城戸教授と管理人 城戸教授と竹田さん

城戸教授の関しては、朝日新聞「be」を参照してください。(城戸先生以外の山形大学工学部の先生のHPも楽しいものです)


野口悦男氏講演会 平成15年12月2日 品川プリンスホテル
講演会内容(文責・蔦幹夫)

主催者の挨拶 野口さんの講演 野口さんの講演

祝賀会

司会は篠遠さんご夫妻 篠遠さんも小野川に来訪してます 大丸荘あすなろ社長の挨拶 近ツー温泉大好きクラブから花束
日本温泉協会長の挨拶 鏡割り 日本温泉遺産を守る会の皆さん
野口さんと篠遠さんさん 管理人のスピーチ 落語家のアトラクション 落語家のアトラクション
野口さんと篠遠さんさん 最後の挨拶を催促する篠遠さん 感激の最後の挨拶 品プリの料理はなくなりました

招待状

祝賀会温泉出席者名簿 案内状 案内状 案内状

小野川での野口悦男氏

小野川来訪の野口達人