小野川温泉豆もやし 温泉を利用して栽培します

冬期間限定の冬野菜です。(11月24日頃から3月31日頃まで)・・米沢の三大冬野菜です。

温泉ジャーナリスト野口悦男氏が主催する「日本温泉遺産の会」の「温泉文化の部」で「温泉遺産」に指定されました。
全国でも温泉を利用した「もやし栽培」は小野川温泉と青森県・大鰐温泉の二箇所です。・・野口氏は15年3月と7月に小野川に来訪してます
栽培者で大鰐温泉を視察した鈴木巌さんは「小野川のほうが大鰐より規模が大きい」と言ってました。

(まだHPは完成してませんが、今冬中に画像を追加し、充実いたします)・・(クイックすると拡大します)

もやし豆の栽培・・もやし豆と言われる大豆を畑で栽培をします。
畑で栽培のもやし豆 11月に収穫し天日乾しで乾燥します。 つたやで販売してる林さんのもやし豆です。
夏場のもやし場です。
温泉の湯けむりが見えます。
もやし場の小屋かけ
室に入れる砂を集めます。 柱に横木を渡します。 屋根の細木を組み立てます。
結ぶ材料は縄です。 小屋全体の骨組みができました。 屋根のかやを葺きます。
洗い場の正面は風よけのため塞ぎます。 お湯の上に置く「室」です。この中に砂と豆が入ります。 風よけを完璧にする為にブルーシートをかぶせます。
小屋の内部。藁の下に「室」があり、その下は温泉
販売している風景です。
独楽の里つたや 小野川・つたや本店


もやしば回想

もやしのまるき もやしのおこし あさつきの洗い ラジウム卵