トップ お宿 お食事処 おみやげ 他業種店 絵葉書 小野川絵本
歴史 小野川の四季 昔の小野川 小野川の祭り 小野川の名所 小野川マップ
 東上 西上
小野川の源泉
小野川観光大使 メイントップ
2012年田植え体験 2012年ほたる祭りイベントプレ 2012年かまくら村開幕
2011年朝市風景 2011年みそコン風景
小野川温泉の源泉        小野川温泉の源泉研究
1、泉質
含硫黄ーナトリウム・カルシウムー塩化物泉

小野川温泉の湯船に「湯の花」(湯花)が浮いています.
この淡い黄色が、硫黄の色です。
湯口には白い結晶がありますが、硫黄やカルシウムが付着し、石化しました。
湯を飲むと、塩味を感じます。塩化物泉だからです。
2、温泉分析表
温泉の定義では温度が25度以上か19の成分の一つが一定以上含まれているのが温泉です。
小野川温泉は下記の温度や成分が温泉の要因になります。

温度&成分 基準値 小野川
@ 温度 25℃ 80℃
A 溶存物質 1000 5768
B リチウムイオン 1 4.3
C 臭素イオン 5 8.7
D フッ素イオン 2 2.8
E 総硫黄 1 4.2
F メタほう酸 5 28.7
G メタけい酸 50 241.7

一個でも温泉ですが、小野川温泉はなんと8個の要因がある温泉です。
多くのミネラルが多くあり効能がある温泉です。
(温泉分析表)  (温泉分析比較表)
3、温泉のマイナスイオン・酸化還元電位
@マイナスイオン・・・・140〜160万/cc
A酸化還元電位(ORP)・・・・−290ミリボルト

マイナスイオン・酸化還元電位は擬似科学とされ、効力は実証されていませんが、
活性酸素を除去し、体調を良くすると言われています。
(早川氏の温泉測定と著書)
4、温泉の美肌効果
@小野小町伝説の美人の湯
ANHK「ためしてガッテン」での美肌効果
B石井宏子氏の小野川の美肌の秘訣

@は、小野小町が発見した唯一の温泉が小野川温泉であり、
病を癒し、再び美人になった伝説がある美人の湯です。
Aは、NHK「ためしてガッテン」(2004年3月3日放送)で放映されました。
毎日温泉に入っている人を対象に実験したところ、10人中9人が美肌でした。
Bは、温泉ビューティー研究家の石井宏子さんが小野川を次のように言っています。
a お肌にやさしい中性の湯
b 硫黄成分で血流がよくなり、デトックス効果
c 塩分が保温効果を高め、あがったあともポカポカ

d  メタケイ酸がコラーゲンの生成を助け、お肌をうるおいます
e リチウムにより、精神が安定し、イライラを解消します 

小野小町の美人の湯伝説が次々と実証されています

5、もともとは自噴の温泉
小野川温泉は共同浴場に源泉と湯船があり、宿泊客が共同浴場へ出かける外湯文化でした。
江戸時代、例外的に、米沢藩主は入浴する内湯として藤屋弥兵衛旅館がありました。
明治以降、各旅館が掘削し、自噴する内湯が拡がりました。
戦後、各旅館のポンプアップでの揚湯が普及し、自噴の旅館は温泉が枯渇するようになりました。
昭和40年代、ポンプアップによる枯渇問題を解決するため、源泉の共同管理が行なわれました。
それ以降、小野川源泉協同組合により、源泉が掘削され、各旅館や共同浴場で利用されています。
@ 小野川1号源泉・・・廃止(尼湯裏)
A 小野川2号源泉・・・廃止(みかどや裏)
B 小野川3号源泉・・・廃止(尼湯裏)
C 小野川4号源泉・・・80.3℃(河鹿荘入口の南)
D 小野川5号源泉・・・35.6℃(小野川温泉旅館組合事務所裏 2008年12月19日供給)
小野川温泉はもともと自噴の温泉であり、温泉街で基礎工事で掘削すると温泉が自噴する事があります。
4号源泉は高温のため、加水し利用するか、熱交換器で適温にし源泉100%で利用してきました。
5号源泉の掘削・利用で、4号源泉(80.3℃)に5号源泉(35.6℃)を入れ、源泉100%の旅館の湯船がほとんどです。