日本の名湯でバランスが良いのは小野川温泉

温泉の抗酸化測定結果

温泉名

水素イオン
濃度
pH)

電気伝
導度EC
(ms/cm)

ORP酸化
還元電位
(mV)

抗酸化値
活性水素量
換算値(ppb)

源泉の
温度
(℃

飲用

玉川
(秋田)

1・30

40.00

−200

40

95

×

鳴子
(宮城)

8.95

3.70

−350

8.5

90

×

秋保
(宮城)

7.50

6.00

−150

1〜2

90

×

小野川
(山形)

6・50

8.89

−390

90

那須(栃木)
殺生石

2.20

2.20

−160

20

90

×

日光湯元
(栃木)

7.50

1・70

−350

10〜11

60

×

鬼怒川
(栃木)

7.00

0・64

 

3.5

 

×

草津
(群馬)

2.00

5.30

+60

60

×

「私は、日本でも名湯といわれる各地の温泉に行って、その温泉水の水素イオン濃度・電気伝導度・酸化還元電位・抗酸化値などを調べました。それをまとめたものが上の表です。

「健康を守る本当のよい水」環境還元研究所 所長早川英雄著 P128より

水素イオン濃度(PH)は酸性ですと殺菌力が強いです。お肌に良いのは弱酸性の4.5から6.5でしょう。
電気伝導度は多いと多くの鉱物が溶け込んでミネラルが多く温泉力が強い温泉と言えます。
酸化還元電位はマイナスの数値が高いほど還元力が強く、活性酸素を除去、温泉の劣化を防ぎます。
活性水素量が大きいほど活性酸素に対する抗酸化が強いといえます。
温度が高い事は、エネルギーの高度利用に貢献する力が高いといえます

飲用と入浴を併用することによる相乗効果が期待できます。良い温泉は飲みたいものです。
 以上・・管理人注釈

「私は、日本でも名湯といわれる各地の温泉に行って、
その温泉水の水素イオン濃度・電気伝導度・酸化還元電位・抗酸化値などを調べました。
それをまとめたものが128ページの表です。
さて、この表を見ると、
ガンや難病の湯治で知られる玉川温泉は強酸性泉で、ミネラルが多く、抗酸化力があることがわかります。
また、
温泉としてバランスがいいのは小野川温泉です。
金属イオンがバランスよく溶け込んでおり、ORPが低くて抗酸化力もあります。
さらに飲用もできます。」


「健康を守る本当のよい水」環境還元研究所 所長早川英雄著 P126〜127より