投げ独楽の回し方 (右投げ)

上手な独楽回しのポイント

1、最初だけ紐をきつく巻く、後は軽く巻く(下の軸に最初巻く時もきつく引っ張る)
2、肘や手首は固定し、真っ直ぐに(公式テニスと同様)
3、床と独楽が水平になるように投げ入れる
4、前足を大きく出し、膝を軽く曲げる
5、着地点は紐の長さ分の距離を想定し、床のちょっと上を目標に投げ入れる

(初心者は紐を引かないで、「ぶ〜ら、ぶ〜ら、」と切れ良く投げ入れる)

独楽回しQ&A

巻き方
      
1.独楽の上の軸の右巻きで紐 2、右巻きは「の」の字で時計の針と 3、独楽の下の軸にこれも右巻き
  を巻きます              同じまきかたです。           できつく引っ張ります
         
4、右巻きできつく巻きます。  5、3回ぐらいきつくまきます。      6、3回以降は軽くまきます。
                                             これが紐が崩れない巻き方
       
7、左手に独楽を持ち、     8、三本指で紐を持つ。         9、親指を独楽の上、人差し指を独楽の 
  右手で昔の?ちょきを作る                          側面に当てる。

投げ方


        
1、左ありを前に出し。右手  2、後ろから水平に投げ入れる。    3、着地点は紐の長さ分の所を目標
をきく後ろから                                   とする。
取り方  (カツオの一本釣り)
        
1、両手に紐を持ち、左紐を  3、右回転の独楽に左回転で紐を   3、右手で紐を持つ
  左回転で独楽に掛ける。    上から掛ける。  
         
4、一気に右手で紐を引    5、独楽が上に上がります。       6、独楽が高く上がります
 き上げる

7、上に上がった独楽をとります。